一等星の見える窓

片岡義男

275円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

    ようやく一等星の見える時刻 ■今日こそは会いたい女性がいる。いつもならしない残業もこなし、時間をつぶそうとするもなかなか電話は通じない。持て余した時間のあいだに幾人もの女性が登場しては去っていく、そのよるべなさも片岡作品にはおなじみの展開だろう。やや深い時間になって、ようやくキャッチ。そこまで時間が経過したのだから、夜空の遅い初夏でも、彼女の体の向こう側に一等星が見える。 【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード