イアリングをつけるとしたら

片岡義男

270円(税込)
ポイント 2pt

通常ポイント:2pt

つけるときよりもはずすとき ■編集者と書き手の情事。ここでは編集者が男性であり、書き手はまだ書くことの経験が十分ではない。小説とは、いかにして書かれるものなのか。会話の中から、そして動作を伴う、あるモノからそれは生まれる。例えばイアリング。男には得られない視点からイアリングを見て、そのことを構築できればすなわちそれが彼女の小説だ。 【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード