雪が降るから

片岡義男

275円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

    言い訳ではないけれど ■とりたてて高揚しているわけではないだろう。しかし、ただクールなままでもつまらない。なにしろ外は大雪である。激しく降る雪が都市の景色を変えてしまうように、女と男がいれば、それも4人いれば、可能性を追求してみればいい。アルベール・カミュの『異邦人』が「太陽のせい」なら、片岡義男の男女は「雪が降るせい」なのだ。 【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード