僕と寝よう

片岡義男

275円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

    尾てい骨とそのまわり一帯 ■再会は片岡義男の小説にあっては重要な起点となる。再会、という設定だけでそこに少なくとも2人以上いて、過去と現在があることが物語の確固とした背景となる。現在は過去とは違うけれども、過去が影を落とさない現在もまた存在しない。男はそれを利用する。ユーモラスに、そして直裁に。女性に向けて尾てい骨、と言い放つ男のスタンスと、いったんはぐらかすかに見えてビタッと受け止める女が最高に絵になる短篇だ。 【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード