幸村軍戦記 6 (下) 上杉軍の死闘

津野田幸作

702円(税込)
ポイント 7pt

通常ポイント:7pt

淀城を奪取した加藤清正は、桂川で最上義光と決戦を開始した。そして、大坂城を出た真田昌幸は百計を開き、上杉景勝と死闘を開始する。前田慶次郎、後藤又兵衛、宮本武蔵が奮戦し、徳川軍は追い詰められるが、そこには家康が用意した罠が待ち受けていた。戦が始まって以来、初めて相見える真田昌幸と徳川家康の両将が仕掛ける駆け引きとは如何に!? 第七回歴史群像大賞奨励賞受賞の本格戦国シミュレーション、シリーズ第6弾! 【目次】 前巻までのあらすじ 主な登場人物 第五章 揖保川の激戦 第六章 淀城大手門の戦い 第七章 上杉軍との死闘 【著者プロフィール】 津野田 幸作(つのだ こうさく) 1939年、東京生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業後、某大学付属病院で集中治療を専門とする。現在は財団法人救急振興財団・救急救命東京研修所で特別講師を務める。その間、歴史分野において精力的に執筆活動を行う。『戦国大乱』で第7回歴史群像大賞奨励賞受賞。主な著書に『戦国の龍虎1~2』(徳間書店)、『真田軍戦記』『戦国の嵐』『戦国の勇者』『戦国の軍神』(学研パブリッシング)他、多数ある。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード