幸村軍戦記 2 (下) 姫路城強襲戦

津野田幸作

715円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    真田昌幸の呼びかけを受け、直江兼続、前田慶次郎、立花宗茂などの勇将達が続々と大坂城に結集する。昌幸はその天才的な軍略を活かし、大坂城から打って出る戦略を取った。真田昌幸に機先を制せられた家康は、真田親子の策略により伏見と郡山を攻略することになる。伏見城の緒戦は、徳川軍の黒田勢が大手城門を攻撃することから始まった。寄せ手の総大将である黒田長政は功を焦って総攻撃を仕掛けるも、幸村の罠にはまり、宮本武蔵に打ち取られてしまう。本格戦国シミュレーション。【目次】前巻のあらすじ 主な登場人物 第四章 猛将達の決意 第五章 姫路城大決戦 第六章 大和郡山の攻防 【著者プロフィール】 津野田 幸作(つのだ こうさく) 1939年、東京生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業後、某大学付属病院で集中治療を専門とする。現在は財団法人救急振興財団・救急救命東京研修所で特別講師を務める。その間、歴史分野において精力的に執筆活動を行う。『戦国大乱』で第7回歴史群像大賞奨励賞受賞。主な著書に『戦国の龍虎1~2』(徳間書店)、『真田軍戦記』『戦国の嵐』『戦国の勇者』『戦国の軍神』(学研パブリッシング)他、多数ある。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード