幸村軍戦記 2 (上) 伏見城の死闘

津野田幸作

715円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    九度山から脱出することに成功した真田昌幸、幸村父子は大坂城に入り、秀頼を主君として、再び豊臣の天下を取り戻すことを誓った。そして、関ヶ原の戦に敗れた後、日本中に散っていた豪将を大坂に呼び集め、徳川家康を打倒するために最強の豊臣軍団を結成したのである。上杉家から単身で出奔した直江兼続をはじめとして、前田慶次郎、後藤又兵衛、立花宗茂、宮本武蔵などの英傑が続々と大坂城に結集し、徳川軍との戦いに挑む。豊臣の軍師となった昌幸は電光石火の如く伏見城と大和郡山城を同時に攻め、さらに幸村は姫路城を奇襲する策を打ち立てる。圧倒的な徳川軍の兵力を相手に、果たして真田父子は豊臣軍を勝利に導くことができるのか!? 福島正則、加藤清正の猛将達ついに豊臣軍に参陣せり。本格戦国シミュレーション。 【目次】前巻のあらすじ 主な登場人物 第一章 伏見城大手の戦い 第二章 結城秀康の苦悩 第三章 伊達正宗の深謀 【著者プロフィール】 津野田 幸作(つのだ こうさく)1939年、東京生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業後、某大学付属病院で集中治療を専門とする。現在は財団法人救急振興財団・救急救命東京研修所で特別講師を務める。その間、歴史分野において精力的に執筆活動を行う。『戦国大乱』で第7回歴史群像大賞奨励賞受賞。主な著書に『戦国の龍虎1~2』(徳間書店)、『真田軍戦記』『戦国の嵐』『戦国の勇者』『戦国の軍神』(学研パブリッシング)他、多数ある。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード