幸村軍戦記 1 (上) 徳川家康の宿敵

津野田幸作

715円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    関ヶ原の戦に勝利した徳川家康は、秀頼を主君と仰ぐ豊臣家を潰滅すべく、最後の戦いを始めようとしていた。家康の真意を知り、己の過ちに気づいた福島正則は、九度山に蟄居している真田昌幸、幸村を軍師として大坂城に迎えるべく、命を賭けて奔走する。九度山から脱出することに成功した真田父子は、豊臣家と秀頼を救うために、家康に挑戦状を叩きつけた。【目次】序章 豊臣家の宿敵/第一章 真田親子の脱出/第二章 真田軍大坂城入城/第三章 直江兼続の決断 【著者プロフィール】津野田 幸作(つのだこうさく 1939年、東京生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業後、某大学付属病院で集中治療を専門とする。現在は財団法人救急振興財団・救急救命東京研修所で特別講師を務める。その間、歴史分野において精力的に執筆活動を行う。『戦国大乱』で第7回歴史群像大賞奨励賞受賞。主な著書に『戦国の龍虎1~2』(徳間書店)、『真田軍戦記』『戦国の嵐』『戦国の勇者』『戦国の軍神』(学研パブリッシング)他、多数ある。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード