【最新刊】赤めだか

赤めだか

立川談春

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    17歳で天才落語家・立川談志に入門。両親の反対により新聞配達をしながら、「上の者が白いと云えば黒いもんでも白い」世界での落語家前座修業が始まる。三日遅れの弟弟子は半年で廃業。なぜか築地市場で修業を命じられ、一門の新年会では兄弟子たちがトランプ博打を開帳し、談志のお供でハワイに行けばオネーサンに追いかけられる……。様々なドタバタ、試練を乗り越え、談春は仲間とともに二ツ目昇進を目指す! テレビドラマ『下町ロケット』(TBS系)などで俳優としても活躍、「今、最もチケットの取れない落語家」の異名を持つ立川談春のオリジンがここに! <2008年講談社エッセイ賞受賞作品>

    続きを読む
    提供開始日
    2015/12/25
    連載誌/レーベル
    扶桑社BOOKS文庫
    出版社
    扶桑社
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      立川談春さんの入門から真打ち昇進までの話。いやー落語家にだけはならないと心に誓いましたw 50個も噺覚えられないでしょ。みんな頭良いんだなあと感心します。子ども向けの見に行ったことありますけど、また爆...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      「己が努力、行動を起こさずに対象となる人間の弱みを口であげつらって、自分のレベルまで下げる行為、これを嫉妬努力云うんです。一緒になって同意してくれる仲間がいれば更に自分は安定する。本来なら相手に並び、...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      北野武「全思考」に『後輩が先輩を立てるだけじゃなくて、先輩は後輩に上手いこと立てさせてやらなきゃいけない。…先輩が煙草を吸うのを察して火を点けてあげるのも作法なら、後輩に何気なく火を点けさせてやる気遣...

      続きを読む
    開く

    セーフモード