日本語と事務革命

梅棹忠夫

935円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「問題は、日本語をどのようにして機械にのせるかであった。今日、OAすなわちオフィス・オートメーションがすすみ、各種の事務機械が大量に導入されている。日本語の機械化についても、ワープロの出現によって事態はおおきくかわった。しかし、じっさいは問題のかなりの部分は先おくりされているだけで、本質的にはなんにも解決されていないのだ。」(本文より)(講談社学術文庫)

    続きを読む

    レビュー

    2.6
    3
    5
    0
    4
    0
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/03/06Posted by ブクログ

      ・梅棹忠夫「日本語と事務革命」(講談社学術文庫)は、 今となつては一種の日本語の機械処理に関する歴史文書とでも言ふべき書であらう。いや、機械処理とはいささか大袈裟か。仮名タイプライターからワープロへと...

      続きを読む
    • 2016/12/11Posted by ブクログ

      全集に掲載されていた「日本語と事務革命」は、ちょうど1年前文庫化され再販売された。ただ今の時代に本書を読み何を得るかなかなか難しい。「書く」という「事務」について、前半で検討した商業史的な考察や事務改...

      続きを読む
    • 2018/11/11Posted by ブクログ

      ワープロ、PCの登場が50年遅れていたら、日本は一体どうなっていただろう。
      欧米のタイプライターによる事務革命を目の当たりにした1960年代。
      どう見ても機械化には向いていない日本語を、如何にしてタイ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001600683","price":"935"}]

    セーフモード