努力は天才に勝る!

井上真吾

702円(税込)
ポイント 7pt

通常ポイント:7pt

ボクシング最年少世界2冠達成はいかになされたか。優れたコミュニケーターである著者が、いかにして2人の息子をチャンピオンに育て上げたのか、日々のトレーニング法からコミュニケーション術に至る秘訣をすべて披露。ユニークな子育て論、親子関係の参考書として、世の親御さんたちにぜひとも読んで頂きたい1冊。

続きを読む

レビュー

4
3
5
1
4
1
3
1
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2018/04/13Posted by ブクログ

    【No.90】「僕のボクシングは七割がお父さんの理論、残り三割が僕の感覚で成り立っている」「1ポイント差は紙一重。わずかな差が天国と地獄」「走り続けたからといって試合に勝てる保証はありません。しかし、...

    続きを読む
  • 2016/12/28Posted by ブクログ

    プロボクサー井上尚也君と井上拓真君のお父さんが息子二人をどのようにコーチングして育てて来たのかを語る本。兄の尚也君はお父さんの指導のもと世界チャンピオンにまで上り詰めました。
    本書の帯には「ユニークな...

    続きを読む
  • 2016/12/01Posted by ブクログ

    新書なので、科学的に練習時間が一万時間を超えると才能をカバーすることができるというような内容かと思ったが違った。
    息子二人をトッププロボクサーに育てた父親が、育成法を語る。もともと息子本人が小さい時に...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード