【最新刊】信頼学の教室

信頼学の教室

中谷内一也

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    得るのは難しく、失うのは簡単。そして失ったものを回復するのはもっと難しい。それが「信頼」。信頼研究で知られる心理学者が、その仕組みを二人の登場人物の軽妙な対話とともにやさしく解説。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/12/25
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    4
    9
    5
    3
    4
    3
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/01/30Posted by ブクログ

      「つまり、相手から被害を受けるリスクがあるからこその信頼なのです。」

      話の進み方は『嫌われる勇気』に似ている。これは少しくどいかも。内容はわかりやすい。途中で3.11に関した信頼について学問的に書か...

      続きを読む
    • 2016/01/05Posted by ブクログ

      人類が文明社会を築けたのは、信頼のシステムを発達させて、他者と協力し合ったから(※1)。
      本書は、信頼のからくりについての社会心理学の成果を先生と生徒の対話形式で紹介する。

      ※1
      NHK取材班(20...

      続きを読む
    • 2015/12/21Posted by ブクログ

      確証バイアス、だとか、非対称性だとかと合わせて、「価値共有」「能力」「動機づけ」が信頼に及ぼす割合の話など、面白かった。

    開く

    セーフモード