ロシアあるいは対立の亡霊 「第二世界」のポストモダン

乗松亨平

1,705円(税込)
1%獲得

17pt(1%)内訳を見る

    1991年の崩壊以降、ロシアは歴史の表舞台から消えたが、今世紀その存在感を奇妙なかたちで取り戻した。ウクライナ危機では核兵器まで用意し、かつての冷戦構造を彷彿とさせた。本書では、一九六八年以後のロシア現代思想の歩みを渉猟し、「対立が終わった時代」の対立をめぐる想像力を追跡。ロシアのアイデンティティ構造(自らをつねに「xの他者」〔X=資本主義、権力……〕)を明らかにする。現代を読み解くための必読書。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード