すぐそばにある「貧困」

著:大西連

1,650円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

    ふとしたことから路上支援に携わることになった、20代にしてNPO法人「もやい」理事長の著者が、これまで相談にのってきた生活困窮者一人ひとりの人生を通し、日本に蔓延する見えない貧困の実態に迫る。 子どもや女性といったわかりやすいテーマに留まらず、一見自己責任に思えてしまう、だからこそ誰もが陥る可能性のある貧困にスポットを当てた衝撃のノンフィクション!

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    13
    5
    0
    4
    8
    3
    5
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/13Posted by ブクログ

      積読解消プロジェクト遂行中。

      本書の中に出てくる湯浅誠さんのお話を伺う機会があり、確かそれをきっかけに手に取った本だったと記憶してます。ずいぶんと積読してしまいました。

      貧困は、日本に、しかもかな...

      続きを読む
    • 2019/02/28Posted by ブクログ

      経済大国ニッポン!
      などと言われつつも実は日本人の6人に1人は「貧困」に陥っているという

      その「貧困」の現実はよくわかっていない人が多い

      「生活保護をうけるということ」
      「なぜホームレスの人は簡易...

      続きを読む
    • 2018/12/15Posted by ブクログ

      2018年58冊目。

      寒さが増し、路上生活の方々の状況がより気になり始めるこの季節。著者の目と体験を通してエピソード形式で日本の貧困の様々な形を描いてくれるこの本は読みやすく、最初の一冊としてとても...

      続きを読む
    開く

    セーフモード