教場

長岡弘樹

693円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    君には、警察学校をやめてもらう。この教官に睨まれたら、終わりだ。全部見抜かれる。誰も逃げられない。 警察学校初任科第九十八期短期過程の生徒たちは、「落ち度があれば退校」という極限状態の中、異色の教官・風間公親に導かれ、覚醒してゆく。 必要な人材を育てる前に、不要な人材をはじきだすための篩、それが警察学校だ。週刊文春「2013年ミステリーベスト10」国内部門第1位、宝島社「このミステリーがすごい! 2014年版」国内編第2位、2014年本屋大賞第6位に輝き、80以上のメディアに取り上げられた既視感ゼロの警察小説!

    続きを読む

    レビュー

    3.3
    146
    5
    11
    4
    50
    3
    72
    2
    12
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2020/03/27Posted by ブクログ

      今年2020年の1月に木村拓哉さん主演でテレビドラマ化もされた長岡弘樹さんによる人気警察小説の1作目。鬼教官の多い警察学校の中で、物腰柔らかくむやみに怒らない白髪の教官・風間公親に導かれる警察学校の個...

      続きを読む
    • 2020/03/16Posted by ブクログ

       2014年本屋大賞6位作品。
       警察小説ではあるが、刑事たちが事件を解決したり、陰謀の渦に巻き込まれたりという構成ではなく、警察学校を舞台にした類を見ない作品。時系列に話が進んでいく連作小説となって...

      続きを読む
    • 2020/03/12Posted by ブクログ

      書いた感想を操作ミスで消してしまって以来、再度書くモチベーションを失ってしまっていました。それがブクログ離れ、読書離れに繋がり、読書一月ほどさぼってました。泣笑
      なので簡単に…。

      警察学校で起きる事...

      続きを読む
    開く