湯川博士、原爆投下を知っていたのですか―“最後の弟子”森一久の被爆と原子力人生―

藤原章生

1,232円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

    “原子力村のドン”と呼ばれた森は、晩年になって、ひとつの謎に苛まれていた。父母係累を一瞬にして喪い、自身も爆心地で被爆した昭和二十年夏の広島。あの日、あの場所に“特殊爆弾”が落とされることを、恩師の湯川秀樹は知っていたと聞かされたのだ。自分の原子力人生を決定づけた恩師の真意は、いったい何だったのか。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード