【最新刊】ヒトはこうして増えてきた―20万年の人口変遷史―(新潮選書)

ヒトはこうして増えてきた―20万年の人口変遷史―(新潮選書)

大塚柳太郎

1,144円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    20万年前、アフリカで誕生したわれわれは穏やかに増えていくが、つい最近、突然の増加をみた。農耕が始まった約1万年前のわずか500万人が、文明が成立し始めた5500年前には1000万、265年前の産業革命で7億2000万となり、2015年には72億人に。そしてこの先どう推移するのか? 人口という切り口で人類史を眺めた新しいグローバルヒストリー。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/01/15
    連載誌/レーベル
    新潮選書
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    • 2016/11/08Posted by ブクログ

      内容紹介

      何が人類をここまで激増させたのか? 20万年前、アフリカで誕生したわれわれは穏やかに増えていくが、つい最近、突然の増加をみた。農耕が始まった約1万年前のわずか500万人が、文明が成立し始...

      続きを読む
    • 2016/09/26Posted by ブクログ

      内容は人口史にとどまらず、人類の進化と拡散、農耕や文明の歴史に及ぶ。

      ハッサンは、バイオームごとに生息する有蹄類の重量から、更新世最終盤のヒトの人口支持力は1000万人だったと推測した。実際の人口は...

      続きを読む
    • 2015/12/26Posted by ブクログ

      ホモサピエンスが出現してから約20万年間の人口推移をまとめた作品。人類の移動の歴史や生活様式の変遷などと絡めて解説しているので、非常に楽しくわかりやすい。

      人口増加の第一歩となったのは、アフリカで誕...

      続きを読む
    開く

    セーフモード