女魔術師

岡本綺堂

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    岡本綺堂といえば“半七捕物帳”に代表される怪奇趣味が横溢する探偵譚が挙げられるが、その非凡な才筆は人情の機微を描かせても超一級であった。――突如改易を申し渡され、流浪の身となった武士一家が辿る凄絶な冒険譚「海賊船」、大正期に曲芸団を率いて諸国を旅する美貌の女座長の数奇な運命を綴った表題作など、ほとんどが初文庫化となる傑作7編を収録。

    続きを読む

    レビュー

    4
    2
    5
    0
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/24Posted by ブクログ

      日経の書評で星5つだったので、久しぶりに読んでみた小説ですが、なかなか面白く読み進められた。いい歴史小説でした。
      「山のお客様は気が暴いと一口に云うけれども、彼らは罰もあれば利生もある。憎まれたら怖...

      続きを読む
    • 2016/05/28Posted by ブクログ

      中編二作と短編が五作。中編は物語として読ませますし、短編もまとまりがいいですね。昔の作品で多少時代がかった構成ですが古さは感じさせず、面白いです。
      もう出ないかと思っていましたが、まだこれだけの作品が...

      続きを読む
    [{"item_id":"A001600020","price":"715"}]

    セーフモード