詰みか必至か? 196問

青野照市

1,320円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

    詰みがあるときは詰ます、なければ必至をかける。どちらなのかを見分ける力がつけば、勝率はぐんとアップする。とはいえ実戦では、詰むか詰まないかの判断がむずかしい。本書では、この詰みと必至を見分ける力を養い、終盤力を鍛える問題をまとめた。まず詰みの問題60問、次に必至問題60問を解いて、詰みと必至の基本を覚える。その上で、詰みか必至かを考える問題76問を解けば、寄せが自然に見えるようになってくる。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード