データ活用仮説量産 フレームワークDIVA データからお金を生み出す4段階

著:鈴木良介

1,980円(税込)
1%獲得

19pt(1%)内訳を見る

    データ活用が失敗する根本的な原因はたったの1つ!「データ→情報→価値→効用」データを活用して価値を生み、売上・利益などの効用につなげるデータを活用して我が社も儲けられないのか──。こう上司から言われた時、どこから考え始めてよいのか分からないという声を多く聞きます。真面目な担当者ほど、「まずはデータの棚卸し」となりますが、それでは売り上げにつながりません。こう語るのは、野村総合研究所の鈴木良介氏です。鈴木氏はビッグデータがブームとなった当初からデータ活用のコンサルティングを引き受け、この4年間で2000人もの企業担当者らとディスカッションをしてきたそうです。鈴木氏はこうした膨大な経験を踏まえて、データを活用して売り上げ、利益といった効用を得るためのフレームワーク「DIVA(ディーバ)」を提唱します。DIVAはData=データ、Information=情報、Value=価値、Achievement=効用の4語の略です。本書で紹介するDIVAというデータ活用を進めるための共通のフレームワークを持つことで、企業のビッグデータ活用ワーキンググループでの議論の空転を防ぎ、良質な仮説を生み出す前段階となる仮説の量産を支援します。【主な内容】 第1章 DIVAは「データ、情報、価値、効用」の一連の流れを記述する 第2章 顧客の振る舞いを変える 第3章 従業員の振る舞いを変える 第4章 データと振る舞いの変化を直結する 第5章 仮説を量産するのは誰か? 第6章 「気が利く」と「気持ち悪い」の境界に挑む

    続きを読む

    レビュー

    4
    2
    5
    0
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2016/11/05Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2016/09/17Posted by ブクログ

      データドリブンによる以下のベストプラクティスを詳細まで書いた本。
      Data Information value achievement

      データドリブンをビジネスに結びつけるためには、どういった方法が...

      続きを読む

    セーフモード