【最新刊】将軍の猫 悪の華

将軍の猫

2冊

著者:和久田正明

748円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大身旗本のひとり娘にして柳生新陰流を極めた姫子は、その腕を老中首座・松平定信に見込まれ、お庭番を束ねる陰の役目に就いている。老中松平和泉守の娘・久世姫が、悪行の限りを尽くす天下御免の大悪党・羅刹女らに攫われる事件が起こり、一味を追う姫子。だがこの凶賊を、“揚羽の子”との異名を持つ若き女殺し屋も追っていた。姫子と揚羽の子。生い立ちは全く異なるが、年が近く、どこか似た雰囲気をもつふたりは偶然に出会い、その運命が交錯してゆく――。一方、将軍家斉にも魔の手が迫り、姫子たちお庭番は江戸中を暗躍する!大好評シリーズ第2弾!

    続きを読む
    提供開始日
    2016/10/25
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    歴史・時代
    • 将軍の猫 全 2 巻

      未購入巻をまとめて購入

      将軍の猫 全 2 巻

      1,496円(税込)
      14pt獲得

    レビュー

    3
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/02/16Posted by ブクログ

      第二弾
      今回は女の非常な盗賊、悪人のみの退治を謀る女の殺し屋
      これに悪代官が絡み、最後には将軍の徘徊に、悪代官と女盗賊は親子関係、結局は受け入れられず
      そして女殺し屋と姫子の関係は?

    • 2018/02/16Posted by ブクログ

      シリーズ第一弾
      エロ将軍家斉?の背後で松平定信が辣腕を奮って時期、お側御用御用取次有馬氏の姫、姫子が老中暗殺の阻止に、仲間四人と挑む
      大奥を牛耳る守旧派と公家、そして京から来た忍びが加勢し暗殺劇が

    セーフモード