アメリカの鏡・日本 完全版

著者:ヘレン・ミアーズ 翻訳:伊藤延司

691円(税込)
ポイント 6pt

通常ポイント:6pt

GHQ労働諮問委員会の一員として来日したミアーズ。中立な立場で日本を研究してきた彼女にとって、「軍事大国日本」は西欧列強が自ら作り上げた誇張であった。ペリーによる開国を境に平和主義であった日本がどう変化し、戦争への道を突き進んだのか。日本を西欧文明の鏡と捉え、満州事変を軸に中国・韓国との関係を分析しながら、アメリカが変えんとするその未来に警笛を鳴らす。マッカーサーが邦訳を禁じた日本論の名著。

続きを読む

レビュー

4.8
10
5
8
4
2
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/01/23Posted by ブクログ

    戦後GHQの諮問機関の一員として来日した人物。一発でマッカーサーから発禁食らったらしいが、判る。よく書けたもんだし、よく日本での出版に持ち込めたものだ。
    アメリカは素晴らしい、日本は後進国で翻弄された...

    続きを読む
  • 2018/12/26Posted by ブクログ

    戦後すぐにこのような本がアメリカ人によって書かれていたとは知らなかった。著者の考えよりも事実を淡々と紹介し、アメリカがすべて正しいわけではないことを主張している。マッカーサーが日本での出版を禁止したも...

    続きを読む
  • 2018/12/03Posted by ブクログ

    米国人の日本研究者が、占領の始まる時点で、日本が鎖国終了以来国際関係の中に置かれた経緯を、列強との関係を中心に大局的に見通している。

    日米戦争を中立の視点から描かれると、まったくそうであったに違いな...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード