京阪神間直通輸送の復興計画

著:増田一生

324円(税込)
ポイント 3pt

通常ポイント:3pt

京阪間と阪神間の直通輸送においては、かつては私鉄が主導権を握っていたものの、近年はJRの猛攻の前に各社とも劣勢であると言われています。では、京阪神間直通輸送におけるJR・京阪・阪急・阪神の実際のシェアや輸送量はどうなっているのでしょうか。これについて具体的な数値を示した資料は驚くほど少ないのが実態です。それを可能な限り掘り起こし、今後の展望を探るのが本書の目的です。第2部では、阪急と京福、京阪と叡電の連携についても述べています。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード