恋のクレッシェンド

キャスリーン・ガリッツ 翻訳:宮崎真紀

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    ヘザーは幼少のころからピアニストとして名声を勝ち得るため、親の操り人形のように生きてきた。自由も希望もないそんな生活にいやけがさし、すべてを捨てて、ベビーシッターとして雇われたトビー・ダンフォースの家へやってきた。ところが、そこで目にした光景に仰天する。トビーが激しい口調で息子をなじっていたのだ。思わず飛び込んで子供をかばったヘザーに向かって、彼は怒りとともに言い放った。「この家から出ていってもらおうか」

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード