放蕩王子と修道女 【ロイヤル・アフェア】

メイシー・イエーツ 翻訳:東 みなみ

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    私からすべてを奪った男が、子どもを授けてくれるというの? 修道院に身を潜めるレイナは、かつては王子の婚約者だった。国を揺るがしたある事件をきっかけに、彼女は傷を負い、もう誰かを愛することも、子どもを持つこともあきらめていた。そんなある日、放蕩王子として悪名高いザンダーが帰国する。彼は18歳だったレイナと婚約しながら、彼女も国も捨てた男――今さら国を継ぐ決意を固めたというが、民衆は彼を支持しないだろう。だがそんなことはザンダーにもわかっており、だからこそ、民の人気を一身に集めていたレイナを妻に迎え入れようというのだ。利用されることを拒むレイナの弱みを、ザンダーは見抜いていた。「きみが一度はあきらめた、母親になるという夢を叶えてやるよ」 ■お待たせしました! 人気作家メイシー・イエーツが不定期でお贈りしている王宮を舞台にしたミニシリーズ〈ロイヤル・アフェア〉。『氷の富豪と無垢な王女』『愛なき王子の婚約者』に続く3話目は、キョーノスの王子ザンダーとレイナの再会ロマンスです。

    続きを読む

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/07/29Posted by ブクログ

      ☆3.5

      かつての婚約者同士が15年ぶりに再会。
      ヒーローは国を出奔し、放蕩の限りを尽くすも後継者問題により国に戻り王位を継ぐことを考える。
      ヒロインは15年前の襲撃により顔に傷を負い、修道院に身を...

      続きを読む

    セーフモード