平安ロマンティック・ミステリー 嘘つきは姫君のはじまり 寵愛の終焉

松田志乃ぶ/四位広猫

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    『一生に一度の、ぼくのただひとりの恋人だ』妃になって欲しいと、次郎君からはっきりと求婚された宮子。藤壺の中宮が倒れるという不慮の事態に後宮中が騒然とする中、宮子は考えていた。次郎君がどれほど真剣に自分を想ってくれているか。そして、重大な秘密を抱える自分の存在が、彼にとってどれほど危険かを。後宮から――彼の側から離れることが、自分にできる唯一の選択ではないかと。

    続きを読む
    • 嘘つきは姫君のはじまり 全 13 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      嘘つきは姫君のはじまり 全 13 巻

      7,150円(税込)
      71pt獲得

    レビュー

    • 2013/01/01Posted by ブクログ

      ついに、次郎君からはっきりと求婚された宮子。しかし、秘密を抱えた身代わり姫である自分が、東宮である彼の想いを受け入れることはできない。そんな状況に苦しむ宮子は、ある決意をする。

      五節の君と姫子さまが...

      続きを読む
    • 2011/05/16Posted by ブクログ

      タイトルは「寵愛の終焉」ですが、宮子の方が拒否ってます。
      そして、フラれても諦めない次郎君。

      「後朝(きぬぎぬ)」という章があります。ちょっとドキドキ?
      ※恋人同士が、別れの朝に衣服を交換すること

    • 2010/10/30Posted by ブクログ

      おろおろして見えて意外とぶれない宮子って好きだなぁ。東宮との、ままごとみたいなほのぼの恋愛も好きですけど。でも、ミステリ??ミステリなんでしょうか、これ。そしてこの後の史実を考えると。。。あうあう。

    開く
    [{"item_id":"A001614736","price":"550"}]

    セーフモード