【最新刊】「どうしてそうなの?」と感じたときに読む本 親子で楽しめる 子どものつまずきサポートブック

「どうしてそうなの?」と感じたときに読む本 親子で楽しめる 子どものつまずきサポートブック

1冊

編著:(株)日本保育サービス 発達支援課調査研究チーム 監修:汐見稔幸 監修:稲田尚子

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

    保育園、幼稚園――子どもが最初に出会う「集団生活」の場。「子どもたちは保育園、幼稚園でどんな生活をしているのか?」。子どもは初めての「集団生活」の場で様々なつまずきを体験します。本書の前半では、様々なつまずきを絵本にしてわかりやすく取り上げます。*ウチの子は園で朝の支度ができない *ウチの子は先生の話を聞いていない *ウチの子はほかの子どもと遊べていない *ときどき、かんしゃくをおこしている…etc.後半では、そうした子どものつまずきの「どうして?」を解き明かします。「なぜ、つまずいているのか?」。理由がわかったら、お父さんお母さんは家庭で子どもをどうサポートしたらよいのか――それが見えてきます。親子で、一緒に読めて、楽しめて、役に立つ! 新しいタイプの育児本!

    続きを読む
    ページ数
    83ページ
    提供開始日
    2015/12/25
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード