子どもを追いつめる親の「ひと言」 言ってはいけないことば 言わなければいけないことば

著:波多野ミキ

1,000円(税込)
ポイント 10pt

通常ポイント:10pt

子どもにとって、親のひと言がどんなに大きな意味をもつか、私たちはあまり考えていません。「言ってはいけないことば」と「言わなければいけないことば」――そのたったひと言が、子どもの可能性を伸ばすこともあれば、反対に、ダメにしてしまうことだってあるのです。親なら誰だって、わが子にはのびのびと育ってほしいと思うでしょう。そうした思いから、「子どものために」と、ほめたり叱ったりしています。「そんなこと、思い当たらない」と考えている方でも、毎日一緒に、身近に生活していると、無意識のうちに、子どもを傷つけるようなことを言ってしまっていることがあるかもしれません。ふだん、どのようなことばがけをしているか、この本をきっかけに、ちょっと考えてみてはいかがでしょうか? (「はじめに」より) 子どもの心を傷つける親の「ひと言」69例を紹介し、望ましい言いかえの対処法などをわかりやすくアドバイスしています。

続きを読む

レビュー

3
1
5
0
4
0
3
1
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2012/04/03Posted by ブクログ

    2012.3月後半 初読 市立図書館

    平常心のときは、勇気づけの言葉をかけている(つもり)だけれど、
    イライラしてる時は要注意。
    ついついガミガミしちゃうし、皮肉っぽい意地悪を言ってしまう。

    良く...

    続きを読む

セーフモード