超ホスピタリティ おもてなしのこころが、あなたの人生を変える

著:鎌田實

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

    ホスピタリティとは、おもてなしのこころ。それはつまり、人を大切にするこころでもある。そのこころこそが、生きる上で、また、働く上で最も大切なことである――。本書は、ベストセラー『がんばらない』の著者である、諏訪中央病院名誉院長、鎌田實氏が書いた、初の人生論だ。「超」には二つの意味を込めたという。ひとつは「すごい」という意味、そしてふたつめは、「こえる」という意味。単なるテクニックを超えた「こころがまえ」を重視してほしいという意味だ。この「超ホスピタリティ」を実践すると、あなたの周りが幸せになるのみならず、あなた自身も幸せになれる。つまり、幸せな人生を送るための「魔法の杖」のようなものなのだ。一貫して地域医療に携わってきた医師の立場から語られる、長年の経験に裏づけられた話の数々は、とても説得力があり、示唆に富む。働いている人すべてに読んで欲しい、鎌田流の生き方や仕事の極意が分かる一冊だ。

    続きを読む

    レビュー

    4
    4
    5
    1
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2012/08/20Posted by ブクログ

      超ホスピタリティ=パーソナルホスピタリティ。「がんばらないけどあきらめない。」これは、なんでも永く継続するコツでもある。

    • ネタバレ
      2012/03/08Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2008/08/07Posted by ブクログ

      20/8/6
      バリデーション>認知長の患者さんを「価値ある存在」として認めること

      聞こえない声を聴く

      ムントテラフィー>ムンテラ>言葉で癒す

      介護は放り出さないことが大切です。

      超ホスピタリテ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード