【最新刊】欲望と幻想の市場―伝説の投機王リバモア

欲望と幻想の市場―伝説の投機王リバモア

著:エドウィン・ルフェーブル 訳:林康史

2,178円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    アメリカ金融界の伝説の投資王リバモアの伝記小説。株式と商品相場で巨万の富を築くも相場の暴落で全財産を失う。その人生の教訓、市場の欲望と幻想は今に生きる。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/12/18

    レビュー

    • 2011/09/04Posted by ブクログ

      伝説の相場師、ジェシー・ローリストン・リバモア。彼の生涯をモデルにした『小説』です。大変内容はいいのですが主人公であるリバモアの一人称が「おれ」というのだけはどうも…。

      この本は投資家、ならびに市場...

      続きを読む
    • 2014/01/06Posted by ブクログ

      アベノミクスで金融市場は活況を呈しているが、
      そんななか、新たに投資にチャレンジしてみようと思う人にとって、
      本書で記されているリバモアの言葉は、とても興味深い。

      リバモアの時代とは、随分と異なるも...

      続きを読む
    • 2005/12/04Posted by ブクログ

       20世紀初頭の投機王Jesse Livermoreをインタビューして作成された本です。 これ、訳もかなりよいと思う。 直訳調でなく、適度に行間を埋めてあるし、業界に詳しくない人、当時の知識がない人(...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001599095","price":"2178"}]

    セーフモード