東京湾岸畸人伝

山田清機

1,296円(税込)
ポイント 12pt

通常ポイント:12pt

馬堀海岸の能面師。久里浜のアルコール依存症病棟にいる男。義理と人情と最後の沖仲仕。木更津、證誠寺の「悪人」。築地のヒール。東京湾、最後の漁師。昨年の新潮ドキュメント賞候補の山田清機が、湾岸に生きる男の生き様を描ききる。

続きを読む

レビュー

3.2
4
5
0
4
1
3
3
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2017/01/04Posted by ブクログ

     真面目にコツコツと途轍もないことをやり遂げてしまう製鉄工場のロールに挟まれ人差し指の爪を失った作業長に学卒さんと呼ばれた日ほど自分が胡散臭い人間に思えたことはなかった。證誠寺の前住に踊躍歓喜する狸囃...

    続きを読む
  • ネタバレ
    2016/06/03Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2016/04/15Posted by ブクログ

    編集子のS君を入れると7人(内1人は著者)の伝記。ノンフィクションの体裁をとりながら、物語が浸食するユニークスタイル。第四話は自らのこと。土地勘がないものとしては、地図が一枚ほしいところです。

もっと見る

セーフモード