それでも僕は夢を見る

著:水野敬也 画:鉄拳

1,016円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。ベストセラー「夢をかなえるゾウ」の水野敬也と動画サイトで300万回以上の再生数を誇ったパラパラ漫画「振り子」やNHK朝ドラ「あまちゃん」のアニメーションの作者鉄拳がタッグを組んだ。「夢」はずっと僕のそばにいた。けれど、いつまでも「夢」を追うのが辛くなった僕は、ある日彼を捨てた――。老いた主人公がひとり病室で横たわるとき、捨てたはずの「夢」が戻ってくる。「夢」に励まされ、主人公が最期に書き上げた一通の手紙とは?動き出しそうになめらかなモノクロの絵と、静かな余韻を残す物語。読む人によって、それぞれが違う感動を味わえるしっとり泣けてほんわか温かくなれる、珠玉の一冊です。

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(130件)
    • 2015/05/05

      水野敬也はやっぱり素敵です。

      やりたい仕事には付けなかった、好きな人に振り向いてもらえなかった…そうして人は少しずつ夢を見ることを忘れていく。
      死を目前にした瞬間、自分には親族はいなく、寂しく看取ら...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2014/05/04

       鉄拳さんの絵は凄いなと、率直に思った。これだけ逃げのない絵を見るのはひさびさだ。
       見開きで描かれる絵を見ていると、画力というものを改めて考えさせられる。

       シンプルな本で、読むこと自体には五分も...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2014/03/26

      本屋さんで立ち読み。
      いまいちだというレビューもあるけれど、素直にまっすぐメッセージが伝わってくる。
      2回目の社会人生活のスタートを前に、不安な気持ちでいっぱいだったが、なんだか心がやわらかくなり、が...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード