非常識であれ! ガリバー流“挑む経営”の神髄

著:羽鳥兼市 著:大角理佳 著:ガリバー・ユーラシア・マラソン・チーム

1,650円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

    設立からわずか9年で東京証券取引所第一部上場企業となった中古車流通大手、ガリバーインターナショナル。成長の原動力は社内に「挑むことの大切さ」が浸透していることだ。その極みは、2011年6月から羽鳥兼市会長が挑んだパリ~中国~日本というマラソンだ。70歳という年齢にもかかわらず、合計1万3352キロを405日かけて自らの足で走り抜いた。この挑戦で浮き彫りになったのは、「高い志」「情熱」「信頼」「プラス思考」「覚悟」「感謝」など、ガリバーが重視してきたコアコンピテンシーである。

    続きを読む

    レビュー

    4.4
    5
    5
    2
    4
    3
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/04/28Posted by ブクログ

      目標に向かう人間はかっこいい!

      ユーラシア大陸横断という非常識な偉業と
      そこに関わる羽鳥会長の思考や価値観が記されている。

      大きな目標には、不可能と思われる試練がある。
      もちろん、羽鳥会長ですら人...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2015/07/20Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2013/04/04Posted by ブクログ

      ガリバーの経営書のようだが、会長がパリから東京まで、13000kmを走った記録。なぜそんなことを始めたのか、道中の言動から見る示唆、苦境に立たされた時の行動などで、急成長したガリバーの真髄をさぐってい...

      続きを読む
    開く

    セーフモード