【最新刊】がん治療の95%は間違い

がん治療の95%は間違い

1冊

著:近藤誠

820円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    医療技術は年々進歩し、がんの早期発見の確率は格段に上がっている。しかし、がんによる死亡者数はいっこうに減る気配はなく、手術や抗がん剤治療後に急死する例は後を絶たない。2013年4月に「セカンドオピニオン外来」を開設した著者のもとには年間2000組以上の相談者が訪れているが、95%以上のケースで、うけないほうがいい治療を医者から勧められているという。実際に著者の外来ではどんな会話がなされているのか? 本書ではそのやりとりをリアルに再現。がん治療ワールドの卑劣さ、恐ろしさが手にとるようにわかるだけでなく、がんの正しい知識と治療法が身につく稀有な書。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/12/18
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    4
    3
    5
    2
    4
    0
    3
    0
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/08/05Posted by ブクログ

      非常に新鮮な見解が多くおもしろかった。しかし、著者のアドバイスを受けた患者はその後どうなったのでしょうか。そこを追跡しないと、著者が非難する医者の余命診断と大差ないと思います。

    • 2016/02/24Posted by ブクログ

      カルチャーショックの内容満載でした。

      著者のクリニックにて実施してきた様々なセカンドオピニオン事例が紹介されており、全編に流れるのは、

      ・がんの95%は放置で良い
      ・放射線治療をもう少し取り入れた...

      続きを読む
    • 2016/01/02Posted by ブクログ

      セカンドオピニオンを求めて著者のクリニックに来院した患者さんとの対話の記録。著者の説明は説得的で、これを論破するのは相当に難しいだろうと思った。

    セーフモード