空はいまぼくらふたりを中心に

村上しいこ

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    『言葉の力』をテーマに高校生たちの青春模様をいきいきと描くYA小説シリーズ、二作目。付き合い始めたのに気持ちのすれ違うふたり。そして性同一性障害に苦しむ転校生。それぞれに、自分の気持ちを持て余しながらも「言葉」で想いを表現することによって、自分の内面を見つめなおしていく高3の夏。重くなりがちな内容を、作者らしい優しさと明るさで前向きに描いた意欲作です。

    続きを読む
    • 短歌小説3部作 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      短歌小説3部作 全 3 巻

      3,960円(税込)
      39pt獲得

    レビュー

    • 2020/02/12Posted by ブクログ

      桃子は高校のうた部に強引に勧誘される。短歌で気持ちや情景をうたうことや、先輩たちに心惹かれる。しかし桃子は幼なじみで不登校となった綾子と、高校では友達を作らないと約束しているのだった。

      友達を守れな...

      続きを読む
    • 2015/08/01Posted by ブクログ

      31文字。

      のびやかに、はずんで、とどめておけない。
      時にかすかに、時に打ち付けるような激しさで
      自分の中からあふれでる、かたまり。

      「うた部」という短歌を詠む部活に出会う高1の桃子。
      部屋に引き...

      続きを読む
    • 2016/05/13Posted by ブクログ

      うーーん やられた

      読んでいるときも
      読み終わった後も
      心地よい感動が心に溜まっていくような
      気がしました

      「和歌」を持つ国に
      「言霊」が生きている国に
      生まれてよかったなぁ
      と 思わせられました...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001725579","price":"1320"}]

    セーフモード