空はいまぼくらふたりを中心に

村上しいこ

1,320円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

    『言葉の力』をテーマに高校生たちの青春模様をいきいきと描くYA小説シリーズ、二作目。付き合い始めたのに気持ちのすれ違うふたり。そして性同一性障害に苦しむ転校生。それぞれに、自分の気持ちを持て余しながらも「言葉」で想いを表現することによって、自分の内面を見つめなおしていく高3の夏。重くなりがちな内容を、作者らしい優しさと明るさで前向きに描いた意欲作です。

    続きを読む

    レビュー

    3.1
    8
    5
    0
    4
    3
    3
    4
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2018/06/24Posted by ブクログ

      「うたうとは小さないのちひろいあげ」の続編。
      前作は友情がテーマで、うた部一年生部員の桃子と綾美が物語の中心となっていたが、今回は恋がテーマで、三年生となった清らと業平二人の恋模様と、転校生だが業平の...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2018/01/12Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2017/11/11Posted by ブクログ

      『うたうとは小さないのちひろいあげ』の続きですが、今回は業平が視点人物。
      うーん、いと先輩が卒業しちゃうとなあ…清らが部長かあ…。というぼんやりとした頼りなさと、業平ァ…もうちょっとこう!もうちょっと...

      続きを読む
    開く

    セーフモード