ここは京まち、不思議まち ナマズ池のひみつ

著:服部千春 絵:実希

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    「ここにいてはいけない!」ナマズ池のほとりで、説明できないこわさを感じた愛香。「はじめて来たはずなのに、この池のことを知っている気がする」とおびえる「おぼこさんネコ」のサチ。やがて愛香は、<町の歴史調べ>の宿題をきっかけに「ナマズ池の言い伝え」や「おぼこさんの子守歌」を知り……。おぼこさんが、どうして商店街の守り主になったのか? そのひみつが明らかに!

    続きを読む

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2011/01/02Posted by ブクログ

      おぼこさんの悲しい由来が語られている。本の内容とは別だが、自分の住んでいる町の歴史を調べるのはいいことだと思う。

    セーフモード