【最新刊】ここは京まち、不思議まち あやしいライバル

ここは京まち、不思議まちシリーズ

著:服部千春 絵:実希

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    愛香たち「担い手」にしか姿が見えないはずの「おぼこさん」。それなのに、人ごみで「だれかに見られてる。」といいだすサチ。ほかにもおぼこさんが見える人が? とおどろく愛香。そんななか、京まち商店街に新しくオープンした<ラビアンの館>で占われた人たちが、みんな、おかしな服を着たり、元気をなくして店を休んだりするように。いったい、商店街でなにが起こっているの!?

    続きを読む
    提供開始日
    2015/12/18
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    • ここは京まち、不思議まちシリーズ 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      ここは京まち、不思議まちシリーズ 全 4 巻

      2,200円(税込)
      22pt獲得

    レビュー

    3
    3
    5
    0
    4
    0
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2010/08/24Posted by ブクログ

      実家のある京都に帰ることを切望していた母の死後、京都で暮らすことになった愛香。父が外国へ出張している間、祖父と叔母の家に預けられる。不思議なおばあさんと知り合った愛香は、母が京都に帰りたがった理由を知...

      続きを読む
    • 2010/09/07Posted by ブクログ

      履物屋さんの「おぼこさんネコ」ジョジョの様子がおかしい。心配した「おぼこさんネコ」たちが夜中に話し合っているのを見た愛香は、協力を申し出る。

    • 2011/01/02Posted by ブクログ

      おぼこさんの悲しい由来が語られている。本の内容とは別だが、自分の住んでいる町の歴史を調べるのはいいことだと思う。

    セーフモード