【最新刊】ひとびとの跫音 下

ひとびとの跫音

司馬遼太郎 著

607円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    詩人、革命家など鮮烈な個性に慕われつつ、自らは無名の市井人として生きた正岡家の養子忠三郎ら、人生の達人といった風韻をもつひとびとの境涯を描く。「人間が生まれて死んでゆくという情趣」を織りなして、香気ただよう名作。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/12/17
    連載誌/レーベル
    中公文庫
    出版社
    中央公論新社
    ジャンル
    文芸
    • ひとびとの跫音 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      ひとびとの跫音 全 2 巻

      1,340円(税込)
      13pt獲得

    レビュー

    • 2016/02/18Posted by ブクログ

      40を過ぎてから読んで良かったなあ、という本でした。
      実に不思議な小説。1981年に発表された本です。中公文庫さんで、上下巻。
      小説、というか、「エッセイ風私小説」とでも言いますか。
      司馬遼太郎さんと...

      続きを読む
    • 2016/02/18Posted by ブクログ

      司馬さんの歴史小説とは違い、無名の人を描いています。
      少なくとも、秀吉とか家康とか竜馬とか正岡子規とか、そういう教科書に載っている人ではありません。
      そうなんだけど、司馬さんらしいのは、根っこに「正岡...

      続きを読む
    • 2018/08/05Posted by ブクログ

      「亡き友人に捧ぐ」
      そんな副題が頭に浮かぶくらい、付き合ってきた友達への愛情が溢れ、さらに愛惜感たっぷりの作品になってる気がします。

      題名が秀逸すぎます。
      読み終わって表題の意味がズシンときました。...

      続きを読む
    開く

    セーフモード