花はらはら人ちりぢり 私の古典摘み草

著者:田辺聖子 画:長谷川青澄

528円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    「もうどうでもいやになりました」――。初恋のお関につぶやく車夫、録之助(樋口一葉「十三夜」)、「水島さん」にひたすら憧れながら打ち明けられない少女、豊子(吉屋信子「花物語」)、破滅をいましめつつも、恋のぬかるみに足ふみ込む赤良の狂歌などなど……。極北の絶望にむしろ力を得たり、少女の可憐にエールを送り、愛とエロスに酔いしれる。今も昔も変わらない、恋する心の花びらを摘んで束ねた、お聖さんの古典案内。長谷川青澄画伯の美しい装画入り。

    続きを読む

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/07/18Posted by ブクログ

      田辺聖子さんと言えば、『文車日記』。
      古典文学に興味を持つきっかけになった。
      それから四十年近く経って出た古典案内の本が本書。
      とはいえ、吉屋信子など、明治以降のものも取り上げられている。
      『源氏』や...

      続きを読む

    セーフモード