お世話になっております。陰陽課です

著者:峰守ひろかず

637円(税込)
ポイント 6pt

通常ポイント:6pt

念願の公務員に採用され、京都市役所で働くことになった火乃宮祈理(ひのみやいのり)。入庁式を終えて彼女が配属されたのは、通称・陰陽課。京都の町には人間に紛れて暮らす妖怪がたくさんいて、そこは市民である彼らの生活を守る部署だというのだ。 混乱する祈理の教育係についたのは、白銀の髪に赤いシャツでガラの悪い、公認陰陽師の五行(ごぎょう)主任。妖怪の次は陰陽師……?と、訝しむ祈理は、陰陽師らしからぬ風貌の五行と、町を治める鬼や狐の親分との顔合わせに向かうことになるのだが……。 チンピラ陰陽師×マジメ女子の凸凹コンビによる、不思議な公務員生活が始まります。

続きを読む

レビュー

3.4
10
5
1
4
3
3
5
2
1
1
0
レビュー投稿
  • 2018/12/12Posted by ブクログ

    念願の公務員になれけれど、配属されたのは
    陰陽課という、特殊な部署。

    祓う方なのかと思ったら、警察のような部署でした。
    異人と呼ばれる妖怪達が、普通の人達にばれないよう
    怪異が起こったらそれを解決し...

    続きを読む
  • 2018/02/03Posted by ブクログ

    「新入職員、初出勤日に戻橋で妖怪に襲われしこと」
    所属するはずの課がある建物を探していた時。
    見えない何かに恐怖だけ感じるというのは、とてつもなく怖い体験だろうな。
    ましてや、その正体を知らないとなる...

    続きを読む
  • 2016/10/09Posted by ブクログ

    公務員と妖怪をたしあわせた話。

    五行先輩の正体、けっこう意外だったし、ヤンキーの割にかわいいというか、弱い部分もあって好きになれた。

    そういったキャラが好きな人は楽しめそう。

もっと見る

セーフモード