エコハウスのウソ 増補改訂版

著:前真之

2,530円(税込)
1%獲得

25pt(1%)内訳を見る

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください

    その省エネ、実は増エネかも。40の誤解と1つのホント気鋭の研究者が、実証データやシミュレーション結果をもとに一般ユーザーや住宅関係者が信じて疑わない“エコハウスの誤解”を正します。2012年の初版発行後明らかになった新たな知見や2020年の「省エネ基準義務化」などの解説を加えた160ページ増の大幅改訂版です。ユーザーにとってもプロにとっても「本当のエコハウス」をつくるために必読の1冊。【主な内容】 プロローグ 省エネ基準義務化 第1章 人と気候 第2章 建物の外皮性能 第3章 冷房 第4章 夏への備え 第5章 吹き抜け・大開口 第6章 暖房 第7章 再生可能エネルギー 第8章 電気 ※本書は、2012年6月発行の「エコハウスのウソ」の増補改訂版です

    続きを読む

    レビュー

    3.2
    4
    5
    0
    4
    1
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/09/26Posted by ブクログ

      ローイーコーティングは、南窓には、透過型、東西窓には遮蔽型がセオリー、カラーによって日射取得率(η(イータ)値が変わる

      設計者・施工者に質問
      断熱はどの程度にしていますか?
      Q値はどれくらいですか?...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2016/02/24Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2016/02/23Posted by ブクログ

      増補改訂版が出てからほぼ1カ月で第2刷が出ています。
      時宜を得ているということでしょう。

      エコが錦の御旗となり、エコだと謳ってあればそれで満足してしまう人、場面が多くなりました。
      本当にエコなのかど...

      続きを読む
    開く

    セーフモード