会社四季報2016年1集新春号

編:会社四季報編集部

1,944円(税込)
ポイント 19pt

通常ポイント:19pt

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。【ご注意ください!】・本コンテンツは冊子版の約2000ページを電子化した、約500MBの大型電子雑誌です。ご利用いただく環境によっては、ダウンロードに時間がかかったり、一部ページの濃淡が明瞭でない場合がございますが、あらかじめご了承ください。・本コンテンツに証券コードや社名での検索機能はございません。巻頭の五十音順索引ページから各社の証券コードあるいは掲載ページをお調べになるか、証券コードをご存じの場合は目次からのリンク(証券コード1000番単位)をご利用ください。●特集●・国際会計基準IFRSの適用動向・各社の想定為替レートと為替感応度●巻頭ランキング●・[01]秋号予想比増額率ランキング・[02]第2四半期 高進捗率ランキング・[03]営業増益率ランキング・[04]低PERランキング・[05]低PBRランキング・[06]月別予想配当利回りランキング・[07]実質配当利回りランキング■■概要■■「会社四季報」の特長は、100人以上の業界担当記者が独自に業績予想を立てていること。多くの上場企業は、自社の今期業績予想を公表していますが、それは驚くほど個性的で、毎年のように慎重な会社もあれば、楽観的な会社もあります。四季報記者たちは、各社のクセを読み解いて、独自取材で業績予想を作り、そしてわずか9行のコンパクトな解説記事にまとめているのです。前号の四季報予想が、会社の業績修正を先取りした事例は、毎号多数あります。本の四季報には、好業績企業を見つけやすくするためのオリジナルマークが2つあります。会社予想より記者予想が強気な会社は「笑顔マーク」、今号予想が前号予想より強気な会社は「上向き矢印」が欄外についています。まだ、多くの人が気づいていない好業績会社を四季報で探して、株式投資や、営業先開拓などのビジネスユース、就職研究などにお役立てください。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード