新世紀の宗教 「聖なるもの」の現代的諸相

編:宗教社会学の会

1,944円(税込)
ポイント 19pt

通常ポイント:19pt

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。「心」「不安」そして「IT」の時代に宗教はいかなる姿を現しているのか。その姿に多様な角度から迫った論文集。

続きを読む

レビュー

4
1
5
0
4
1
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2012/09/08Posted by ブクログ

    新興宗教に対する言説の検討(洗脳、マインドコントロール概念の妥当性)や、島薗先生の「新霊性」概念の批判(「癒し」概念を含む)などが個人的に興味深いところだった。

    ゼロ年代前半の本なのでやや古く感じる...

    続きを読む

セーフモード