韓国の限界

桐山友一/高安雄一/石田賢/真田明/金志敏/宮嶋貴之/向山英彦/三村光弘/大澤文護/週刊エコノミスト編集部

216円(税込)
ポイント 2pt

通常ポイント:2pt

韓国経済が異変に見舞われている。中国経済の減速などの影響を受け、現代自動車など韓国経済の柱だった輸出が打撃。サムスン電子など財閥企業にはかつての勢いに陰りが見える。 日本企業か韓国企業かの選択を迫られたロッテのお家騒動、POSCO(ポスコ)と新日鉄住金の「技術盗用」問題、そして緊張する南北関係や朴政権の中国寄りの外交戦略など、韓国の経済・政治・社会・外交のホットなテーマを網羅し、その実情に迫った。 本書は週刊エコノミスト2015年10月20日号で掲載された特集「韓国の限界」の記事を電子書籍にしたものです。目 次:はじめに・中国減速、ウォン高、資源安… 韓国企業を襲う複合ショック・手詰まりの金融政策 史上最低1・5%に利下げ 家計負債が増加の副作用・スマートフォンの不振 サムスン電子 半導体“一本足打法”の危うさ   熾烈なサムスン入社試験 問題集や対策塾まで登場   後継者移行へグループ再編 李在鎔氏に問われる経営手腕・「技術盗用」に決着 ポスコが新日鉄住金と和解 300億円支払いで赤字確実・「お家騒動」の波紋 「韓国企業」か「日本企業」か ロッテグループが迫られた選択・韓国国債格上げのナゼ? 対外脆弱性改善で「日本越え」 成長率見通し低下の背景も・厳しい若年層雇用 失業率は9%に急上昇 中小企業の吸収進まず・緊張する南北関係 「吸収統一」公言する朴政権 北朝鮮は一触即発を直前で回避・中国への接近 抗日式典に出席した朴大統領 狙いは北朝鮮への影響力活用

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード