ピルグリム・イェーガー 4巻

原作:冲方丁 作画:伊藤真美

540円(税込)
ポイント 5pt

通常ポイント:5pt

生きてく力が欲しい―― 原作・冲方丁、作画・伊藤真美のコンビが放つ、舞台は、私的に聖書を読むことを禁じられた中世以降のイタリア! 魔狩人たちの苦悩と葛藤を描いた歴史大作!

続きを読む
  • ピルグリム・イェーガー 全 6 巻

    未購入巻をまとめて購入

    ピルグリム・イェーガー 全 6 巻

    3,240円(税込)
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

4.3
3
5
1
4
2
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2011/05/27Posted by ブクログ

    鶏の悪霊の元を断つために教会に乗り込むアデールとカーリン。
    生への祈りと死への祈り――二つが織り成す言葉もまた、人間としての、尊厳の姿ではないだろうか。
    前巻に続き、“ういきょうの茎”が生み出す煉獄の...

    続きを読む
  • 2007/04/08Posted by ブクログ

    沖方丁先生原作 伊藤真美先生画 コミック 第4巻。
    “鶏”を消し去るためアデールとカーリンはその力を行使する。“鶏”の魔性を灼いたとき、ある意味での狼煙が上がったかのように、銀貨達が街に集う。

    この...

    続きを読む
  • 2004/11/08Posted by ブクログ

    伊藤真美さんの中世宗教漫画.カーリンとアデールは悪魔憑きの鶏の発生源である教会に忍び込む.アデールは自分の正しさに神を感じて.それは異教と知りながらも...新たな出会いと分かれ.銀貨は街に結集し、新た...

    続きを読む

セーフモード