時代の“先”を読む経済学 日本と世界の潮流をつかむ70の視点

著:伊藤元重

730円(税込)
ポイント 7pt

通常ポイント:7pt

「経済学」の観点から見れば、新聞・ニュースから時代の流れが読み解ける! 本書はメディア露出も多い著名な経済学者が、時代を読み解くための「ニュースの読み方」を説いていくもの。「企業戦略」「流通・マーケティング」「国際経済」「為替」「マクロ経済」「経済政策」の6つの方向から、時代を読み解くためのポイントを解説。その上で、TPP、中国・アジア戦略、国債問題、格安航空会社、ユニクロ論、これからのマーケティングなど、今話題のトピックを元にして、著者ならではの「70の視点」を説いていく。明日から情報の本質がクリアに見えてくる、伊藤流ニュース深掘り術。

続きを読む

レビュー

3.1
19
5
2
4
2
3
12
2
3
1
0
レビュー投稿
  • 2013/05/10Posted by ブクログ

    著者が日経MJに連載していた時事ネタを、1冊の新書にまとめた本。

    初めて経済学の本を読んだ時、自分にとっての""新しい世界の見方""を提示された気がして、本にむしゃぶりつくくらい衝撃的だったのを覚え...

    続きを読む
  • 2013/04/11Posted by ブクログ

    3.11の直前に書かれた本。
    時代の先を読むというタイトルだが、めちゃくちゃ原発推進の主張をしていて、本当に先の読めない時代なんだと思った。
    グローバル化、成熟した市場での差別化、M&Aによる脱競争が...

    続きを読む
  • 2013/02/07Posted by ブクログ

    日本の負債額はそれほど気にしなくていい、など、それなりの理屈付けでいろいろ書かれていますが、どこか的外れなことが書かれていた印象です。

もっと見る

セーフモード