琥珀色のシャレード

サンドラ・ステファン 翻訳:龍崎瑞穂

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    最近感じる退屈と焦燥感を癒そうと、アンバー・コルトンは休暇をとり実家へ戻ってきた。そこへコルトン家の里子だったトリップが現れ、アンバーの気分はたちまちのうちに明るくなった。聞けばドクターである彼は、有名病院へ転職するために、後ろ盾を必要としているという。アンバーはときめきとともに提案した――彼女が婚約者のふりをして、後押ししてはどうかと。だがトリップは冷たく答えた。「退屈したお嬢さんの助けは必要ない」

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード