嵐の夜の誘惑

リンダ・ターナー 翻訳:斉藤潤子

540円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    少女時代に二度もレイプされそうになった経験から、レベッカはデートすらあまりできずにいた。誰かを愛し愛されたいけれど、きっとかなわぬ夢に違いない。あきらめかけていたある日、魅力的なオースティンに誘われる。「きみが好きなんだ。きみと一緒にいたい」彼にセクシーな笑顔を向けられ、レベッカの胸に熱い何かがともった。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード