先生の寝室 【オトナになった同窓会 II】

ポーシャ・ダ・コスタ 翻訳:西江璃子

216円(税込)
ポイント 2pt

通常ポイント:2pt

10年目の同窓会に、会いたい人はただひとり――。 ミスター・ローレンス――高校3年のときの、数学の先生。当時から、授業中に目が合うたび、ほかの誰とも感じられない何かを感じていた。先生との間にはきっと何かがある、きっと先生も同じ気持ちでいるはず、と思っていた。高潔な先生は何もしなかったけれど、私は違う。いつも思い描いていた。先生が私にキスするところ。先生が私の胸を揉みしだき、いやらしいことを呟く。もうたまらないというように乱暴に脚を開いて、私の中に入ってくるところ……。10年経っても色褪せないこの想いを、まさか先生も抱いてくれていたなんて。当時の教え子に囲まれていた先生は、私を見つけるなり「失礼」と輪を抜けだし、まっすぐこちらへ歩いてきた。その数十秒後。私たちは廊下の角を曲がるなり、激しく腰をぶつけ合いながら舌を絡め合っていた――。ひとりの男と女として。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード